日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会に出す寸志の金額は?

歓迎会を開いてもらう立場になったとき、社会人として寸志を出すこともあります。
歓迎される立場なのだから、費用は出してもらって当然、と考えるのではなく、今後のスムーズな関係を築いていこうという気持ちとして、用意してみてはいかがでしょうか。
ただし、合同で主役になる人がいる場合は、お互いに相談して包むかどうか決めるようにしましょう。

寸志の金額の目安は?

新入社員の場合は、一般的に寸志を包まなくても大丈夫です。
寸志を用意するのは、転職や転勤で歓迎会を開かれた場合がほとんどです。
金額は悩むところですが、寸志はのし袋に包みますので、お札1枚の方が収まりがよく、また管理もしやすいため5000円や10000円が無難のようです。
また、事前に会費を知らされていた場合は、会費と同じ金額か、もしくは少し多めの金額を包むようにしましょう。
とくに上司として転勤してくる場合は、多めに包むことが多いです。

現金でなくても大丈夫

社内の雰囲気によっては、現金で渡すことが難しい場合もあります。
歓迎会の幹事に寸志を断られた場合など、無理に渡すと相手の負担になってしまうこともあります。
そういうときは、現金に固執する必要はありません。
寸志として包もうと思っていた金額で、全員が利用できるような、文房具などの実用的なものを渡してもいいですね。
あくまで寸志は歓迎される側の気持ちとして支払うものです。
今後の人間関係を円滑にする一助ともなるものなので、相手の負担にならず、喜ばれるような渡し方をするように心がけましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます