日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

みかん狩りを宇佐美で楽しむ

自分の手でもいだ新鮮なみかんを心ゆくまで楽しめるみかん狩り。温暖な気候で沢山のみかんが栽培されている、伊豆は伊東、宇佐美地区のみかん狩りをご紹介します。

伊豆・伊東

伊豆・伊東はみかん狩りのメッカ。10月から1月はみかん狩り、2月から6月は甘夏みかん狩りを楽しむことができます。入園料は400円、お土産付きはみかん600円から、甘夏みかん800円から(料金は変更になる可能性があります)。童謡『みかんの花咲く丘』の舞台でもあり、亀石峠への道中、宇佐美海岸を見下ろす場所に、作詩加藤省吾氏・作曲海沼実氏の自筆歌詞と楽譜を刻んだ歌碑も建てられています。まさに、みかんといえば伊東なのです。

宇佐美地区のみかん園

伊東市の中でも、特にみかん園が集まっているのが宇佐美地区です。
地ビールやたけのこ狩りも楽しめ、遊歩道も整備された『伊豆斎藤農園』。
温州みかんや甘夏みかんのほかにも旬のみかんでみかん狩りができる『杉本園』。
みかんジャムやみかん羊羹、みかんゼリーなどのお土産も豊富な『泰山園』。
地区随一の広さでみかんを栽培し、園内の檜で釘を使わずに建てた売店が自慢の『濱静園』。
JR宇佐美駅から送迎もあり、清流・烏川の近くでピクニック気分も楽しめる『菊間園』。
珍しいみかんも多種販売している『鈴木園』。
他にも多数のみかん園がみかん狩りを実施しています。

温暖な海とさんさんと降り注ぐ日光に育てられた伊豆伊東・宇佐美のみかん。皆さんも伊豆旅行の際は、太陽色のみかんをお腹いっぱい楽しんでください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます