日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

嵐山で紅葉がきれいなスポット

春は桜、秋は紅葉の名所として、古来から親しまれている嵐山。今回は嵐山のおすすめ紅葉スポットをご紹介します。

渡月橋

嵐山の象徴とも言える渡月橋。真っ赤に紅葉した嵐山を背景に、渡月橋が美しく伸びる景観は見逃せません。嵐山の紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬。此処から嵐山の紅葉見物がスタートします。

寺社巡り

橋を渡って左手に見えてくるのが、天龍寺。夢窓国師が作庭した曹源池庭園は、嵐山に来たなら見逃せないもの。紅葉が池に映り込む様は、厳かな美しさです。天龍寺の塔頭(付属するお寺)、宝厳院は、春と秋のみ特別公開。紅葉の夜間ライトアップは息を呑む美しさで人々を魅了します。
嵯峨野の竹林を越えて、常寂光寺。重要文化財の多宝塔を擁し、茅葺きの仁王門付近は紅葉のトンネルが侘び寂びに溢れた風情を演出する名所です。
二尊院の参道は「紅葉の馬場」と呼ばれる美しい一本道。
また、平清盛に愛された白拍子祇王の哀しい逸話の残る祇王寺では、哀愁に満ちた紅葉の風景が人気です。
厭離庵は藤原定家の山荘跡といわれる場所です。明治時代から尼寺となり、紅葉の時期のみ公開され、せっかく紅葉見物に行くなら見ておきたいところです。
清涼寺・通称「嵯峨釈迦堂」でも、多宝塔周辺の紅葉はとびきりの眺め。
大覚寺は嵯峨天皇の離宮のあった場所。日本最古の人工池と言われる大沢池の周辺は、紅葉の散策スポットとしても外せない場所。月見の名所でもありますが、五大堂のぬれ縁・観月台からの紅葉鑑賞も風情があります。
化野念仏寺も見逃せません。夏の「千灯供養」で有名ですが、秋の紅葉シーズンもまた違った趣のある場所です。石仏に降り積もる紅葉は叙情に満ちた美しさ。

その他の史跡

寺社のほかにも歴史を感じさせる見所が沢山。昭和の名優が作った大河内山荘庭園では、緑と紅葉のコントラストが美しく、落ち着いた雰囲気を楽しめます。
芭蕉の弟子向井去来の草庵跡・落柿舎は、芭蕉も訪ね「嵯峨日記」を執筆した由縁ある場所です。

嵐山では、何処を巡っても美しい紅葉と歴史の薫りが楽しめます。是非晩秋の嵐山をゆっくり散策してみてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます