日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

名古屋で屋形船を楽しむ

名古屋といえば、名古屋城が真っ先に思いつきますよね。
そこにある堀川のルーツは、徳川家康が福島正則に命じて開削させたとされています。
当時海に面していた熱田(宮の渡)と名古屋を結ぶ物流の要として作られました。
ここ堀川を運行する屋形船に乗ってみませんか?

名古屋堀川のサムライクルージング

春は花見、夏は名古屋港の花火大会、秋は中秋の名月、季節ごとに違った趣を見せてくれる屋形船からの景色。新年会や歓送迎会などの会社の集まりや仲間内での忘年会など個人的な集まりに利用するのもいいですね。
名古屋城から名古屋港の間を運行し、午前11時~午後6時までの間に出港します。
出港から2時間貸切で、宴会料理つき、ドリンクは、ビール、日本酒、ウーロン茶、オレンジジュース
が飲み放題。持ち込みもOKです。もちろん、お手洗い、冷暖房完備です。

運行屋形船の紹介

『お座敷船』    
それぞれに戦国武将の名前が付けられています。
「織田信長」「豊臣秀吉」「福島正則」などの名前がありますよ。
10名以上で貸切可能です。(定員20名)

『御座船 義丸』
尾張藩の関船「義丸」の名前をつけた豪華屋形船です。
厨房があり、料理人さんが乗っています。
20名以上で貸切可能です。(定員48名)
20名から36名なら掘りごたつになりますよ。

まとめ

一般庶民も粋で風流な遊びとして楽しめたお座敷船や、もっと贅沢に江戸時代の豪商や大名気分を味わえる『義丸』に乗って、屋形船の風情をを楽しみことができますよ。
さあ、名古屋堀川の屋形船で宴会をしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます