日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山に必要なもので特に初心者がないと困るもの

初心者が登山をする時になければ困る物といえば、地図とコンパス(方位磁石)です。
「別に無くても登山道通りに行けば迷わないのでは?」と思われる方や「地図の見方やコンパスの使い方がいまひとつわからないから持っていかない」という方もいらっしゃいますが、無ければいざという時にかなり困ります。

初心者は常に迷う可能性を考えて行動しなければならない

 
「別に無くても登山道通りに行けば迷わないのでは?」とお思いの方。
人が常に行き来しているような山か、かなり整備されていてあえて道を外さない限り迷いようがない山でもない限り遭難の可能性は常にあります。
初心者の自分を過信しないこと、登山道がわかりやすと思い込まないこと。
これはとても大切な事です。

登山前に基本的な道具の使い方を頭に入れておく

「地図の見方やコンパスの使い方がいまひとつわからないから持っていかない」という方。
まず地図の見方を理解して、コンパスを使えるようになってから登山に行ってください。
「持っていっても意味がないから持っていかない」のではなく、「持っていかないと意味がない必需品なのだ」と理解できるようにならないと、登山は危険です。

なぜ地図とコンパスがなければ困るのか?

登山をしていると「登っているうちに方向感覚がおかしくなり、気付けば道がなくっていて帰り道もわからなくなっている」といった事態になっていることがあるからです。
いつも見ている、そんなに高くなく日帰りで行ける山を登る時、「この山は登山道もあるし大丈夫だろう」と思って地図とコンパスを持っていかずに登り、方向感覚がおかしくなって気付いたら道がなくなっている、となってからでは時既に遅し。
運がよければ麓にたどり着けますが、最悪の場合、捜索隊のお世話になるような状況になります。
よく山菜採りやきのこ採りに山に入った登山者が行方不明になったというニュースを聞きますよね?
熟練者でもそうなのですから、初心者がそうならないわけがありません。
肌身離さず持っていましょう。

どのタイミングで地図とコンパスを使えば良いのか

少しでも進行方向が不安になってきたり、分岐点にいる時です。
そのタイミングで地図とコンパスを使い、自分のいる位置と目的地の方角、行く道を確認します。 
定期的に見ていると迷う可能性はぐっと低くなりますので、不慣れなうちは現在地がはっきりしていても練習のために確認しながら進みましょう。

まとめ

さて、登山ではいかに地図とコンパスが重要か、少しは伝わったでしょうか?
地図とコンパスはアウトドアショップで購入できますし、地図だけなら書店でも購入可能です。
ぜひこの2つを持って初めての登山を楽しんでください。
また、いくらこの2つを持っていても暗闇の中では使えませんから、登山時は無理せずゆっくりと時間に余裕をもって行動してくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます