日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

人狼におけるゲームマスターのマナー

みんなで人狼を遊ぶ際に、大切なのがゲームマスター(司会)の役割です。
ゲームマスター次第でゲームがよくなったり、ダメになったりすることもあるので、最低限のマナーは守らなければなりません。
しっかりと運営の仕方を身につけ、スムーズなゲームの運営を心がけましょう。

ゲームマスターの役割

ゲームマスターはあくまでも中立な立場です。
そのため、村人側、人狼側のどちらかに肩入れするような言動はしてはいけません。ちょっとした言動により、一方が有利になることもあるので、迂闊な言動は控えます。

また、参加者に必要以上に干渉するのもおすすめできません。
思いつきでルールを変えるようなことも控えましょう。

状況を把握する

ゲームの進行をしっかりと把握しておきましょう。
今がどのフェイズで、どうなれば勝利条件が満たされるかといったこともきちんと確認しておきます。誰が生き残っていて、誰が脱落しているのかを正確に把握していないと、勝利条件を満たしているのにゲームを続けてしまうという恐れもあります。

制限時間を設けている場合には、時間管理も重要です。

ゲームの雰囲気

内輪のメンバーのみでやる分にはそれほど気にしなくてもいいのですが、外部からの参加者がいる場合には内輪ネタは避けましょう。せっかく来てくれた人に疎外感を感じさせてしまいます。

また、初めて参加するような人がいる場合にはしっかりとしたルール説明も必要です。
どのような人が参加していて、どのようなサポートが必要なのかということをゲームを開始する前に確認しておきます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます