日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お風呂の大掃除カビを生やさないコツは?

年末には家じゅうの汚れを落とす大掃除が主婦のイベント。
中でもお風呂場はカビや雑菌が繁殖しやすいので念入りに掃除したい場所ですね。
そこで、お風呂をしっかり大掃除しつつカビを防ぐコツを紹介します。

溝には歯ブラシ

お風呂の床や壁、浴槽のパッキンの溝などはピンクぬめりとカビが生えやすい場所。
スポンジでは落ちにくいところなので厄介ですね。
こうした細かな場所には、使い古した歯ブラシが最適なのです。
密集した毛が溝に貯まった汚れをこすり落としてくれるので、細部までぴかぴかに掃除ができます。
また、鏡の留め具付近、シャワーノズルの溝、蛇口の周りなども歯ブラシなら入り込んで掃除が可能。
万能ブラシなので是非活用しましょう。

水垢にはお酢と歯磨き粉

鏡や浴槽の淵、床などに良くあるのがしつこい水垢。
時間が経ったものほど落としにくくて困ってしまいますね。
この水垢、実はお酢と歯磨き粉で落とすことができるのです。
まずはお酢をキッチンペーパーなどにつけて水垢をふき取ります。
時間のたっていない水垢はこれだけで簡単に分解されて無くなるのですが、お酢でも取れない頑固なタイプには歯磨き粉を使いましょう。
柔らかい布に歯磨き粉を付け、水垢の酷い場所をこすります。
すると時間の経った頑固なものもしっかり落とせるので、キレイな浴室が復活しますね。

カビ予防に換気が必須

お風呂場にカビが生える最大の原因は、「水気」です。
浴室を使った後に換気扇を付けなかったり、換気をしないで放置するとカビ菌が増殖。
結果的に黒い汚れのようなものが目立ち始め、掃除しても落ちないということになってしまうのです。
1度生えると落ちにくいので、お風呂を使ったら必ず「換気扇をつける」「窓を開けて換気をする」ことを忘れずに。
カビ予防の洗剤を使わなくても、これだけでカビは防げるのです。
大掃除を楽にするには、普段からのこまめな1手間が大切。
お風呂に入った後はシャンプーやせっけんの残りかすをシャワーで洗い流し、しっかりと換気をして湿気のない状態にするのがベストです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます