日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状を和風デザインにするためのポイント

和装でも結婚式なら招待状も和風にしたいものですね。
そこで招待状を和風に纏める(まとめる)ための知恵をご紹介します。
和風デザインは個性が際立ちます。

家紋を入れる

両家の家紋を入れたデザインはいかがでしょうか。
家紋自体が優れた意匠でもありますし、「日本の家」を意識する代表的なアイテムです。
招待状の表紙に両家の家紋を並べたり、純白の紙にエンボス加工で浮彫にすると格式の高い仕上がりになります。
花嫁は白無垢、花婿は紋付袴で神前挙式をするお二人にぴったりです。

和風モダン

海外からみた日本をイメージしたデザインが洒落ています。
波、折鶴、富士山、市松模様など和のモチーフと横文字の組み合わせでモダンな仕上がりは、カジュアルで若い世代にも人気があります。
色打掛やモダンな和装の挙式にはイメージそのものですし、ウェディングドレスにタキシードの洋装の結婚式でも違和感なく合わせることができます。

和の素材を使う

招待状に使用する紙を和紙にするだけで和風感は高まります。
和紙ならではの温かみのある手触りや質感は、招待された人の心を和ませてくれます。
凝ったデザインでなくても、和紙に印刷された招待状は特別な感じがあります。
他には水引きや千代紙をプラスすることで、印刷とは違う本物の和にまとめる効果があがります。

まとめ

招待状のデザインを和風に纏めるための知恵は色々とありますが、挙式スタイルや結婚するお二人の個性と合ったデザインが何より素敵です。
ぜひ、挑戦してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます