日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

箱根の主なハイキングコースの登山入口

箱根というと開発されつくし、深山の趣きがないという印象がありますが、
その分、見所が点在し眺望ものよい場所も多いので、ハイキング初心者にとっては
もってこいの目的地ではないでしょうか。
登山口へのアクセスが良く、下山後には数ある温泉で疲れた体を癒すことができるのも箱根の魅力です。

箱根を大きく分けると

箱根を空から見ると神山を主峰とした内輪山(中央火口丘の山塊)と
金時山や明神・明星ヶ岳、そして芦ノ湖スカイラインが稜線を
走る外輪山が周囲を取り囲んでいる見事なカルデラであることがわかります。
芦ノ湖や仙石原、元箱根の町などは外輪山の内側にあります。
この内輪山か外輪山を歩くのが最もポピュラーなハイキングコースとなります。

内輪山縦走コースの登山口

箱根の最高峰、標高1,438mの神山から駒ケ岳への縦走コースはケーブルカーの早雲山駅か
ロープウェイの途中駅の大涌谷から歩きはじめるのが一般的です。
大涌谷付近では有毒ガスが噴出しているところがあちこちにあるので、コースからそれないように歩きましょう。
残念ながら神山の頂上は樹木に遮られて展望は開けませんが、駒ケ岳では大展望が広がります。

外輪山縦走コースの登山口

とりわけ人気があるのは金太郎伝説で有名な金時山です。登山口へのアクセスはバス停「乙女峠」です。
山頂はいつも大勢のハイカーで賑わっています。
明神ヶ岳と明星ヶ岳のコースも人気があります。外輪山の外側に位置する大雄山最乗寺が登山口となり、
外輪山の内側に下るのが一般的です。

その他にも登山電車の小涌谷から千条(ちすじ)の滝を見て箱根湯本方面への下りを歩くのが一般的な湯坂道や、
元箱根から畑宿まで下る旧街道など、観光だけではない箱根を堪能できる多くのハイキングコースがあります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます