日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスの試合で耳にする用語集

錦織圭君の活躍でテニスの人気もあがり、初めて真剣にテニスの試合を観たという方も多いのではないでしょうか。
そこで、テニスの用語をご説明します。

テニスの基礎知識

1セットは基本的に6ゲーム先取で、最低2ゲーム差をつけなければいけません。
「5対5」の場合は「7対5」になるまで続けます。
「6対6」になった場合は「タイブレーク」になります。
タイブレークとは、12ポイント制です。「2ポイント差をつけて7ポイントを先取」するか、「6ポイント同士になってから2ポイント連続で先取」で勝ちです。
サービス(サーブ)側をサーバー(Server)、サービスを受ける側をレシーバー(reciever)と言います。

得点について

テニスの得点は「1、2、3」と進むのではなく「0(Love)、15(Fifteen)、30(Thirty)、40(Fourty)」とスコアが進みます。
4ポイントを先に取った方が「Game」です。
3ポイントずつで並んだ場合は「40-40(Deuce)」となり、2ポイント連取で「Game」となります。
その際、デュースでサーバーAが先にポイントを取った時には「Advantage A」と言います。
セルフジャッジの試合では、「Advantage server」「Advantage reciever」と言うことが多いです。
セルフジャッジとは、試合の当人同士でゲームカウント、審判を行うことです。

審判のコール

「Fault」一本目のサービスが入らなかった事を言います。
「Foot Fault」ラインを踏んでサービスをした事です。
「Net」サービスされたボールがネットに触れた後、相手のサービスコートに入った場合。
「Let」サービスレットやインプレー中にプレーを妨害する事実などが生じたとき。
「Through」ボールがネットのほころびなど、ネットのすきまを通り抜けたとき。
「Out」ネットを越えたボールがコート外の地面に落ちるか、オーバーフェンスなど、アウトボールの事。
「Not up」ボールをツーバウンド以上で返球したとき。
「Foul Shot」故意にダブルヒットするなど、ルールに反してボールを打ったとき。
「Touch」ネットタッチやインプレー中のボールに身体や持ち物が触れたとき。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます