日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

合コンの幹事必見!上手なメンバーの誘い方

合コンで人員を確保するというのも一種の「頼み事」なので、やはりマナーがあります。
ここでは、誘い方のマナーに注目して見ていきたいと思います。

誘いたい人の性格、特に積極性を見る

合コンは恋愛や出会いのきっかけのために行うのが普通なので、
「下心のある遊び」のようにとらえて警戒する人も必ずいるものです。
そのような時は、誘う相手の立場を考えましょう。

・性格
「異性への関心は人並み程度あるが、交流活動に関しては非積極的」という人に対して「合コンするんだ、楽しいから行こうよ」とストレートに誘うのは確かに一つの手段ですが、たいていは逃げられてしまいます。
たとえば、他大学や他業界など、「異種のジャンルに興味がある」タイプの人なら「実は今度、よその大学(業界・企業)との’’交流会’’があるから、人脈が広がって面白いよ」などと言い方を変えてアピールしてみたり、メリットを話してカモフラージュするのがいいと思います。
ただし、本番になって周りがあまりに「恋愛モード」だと「二度と行かないよ」と怒られてしまいますので幹事として、場の空気を落ち着かせてフォローに入りましょう。

・積極性
社交的な関心はともかく、「恋人がほしい」と感じているかどうかで、誘い方を変えます。
「手段はともかくほしい」レベルの人なら、「合コンの予定入ってるから来いよ、恋人できるかもよ」とストレートに言うのが一番相手にも火が着きます。
「異性は社交辞令程度でいいや」というレベルの人を、人数確保のためにどうしても誘うときは、「交流会」のくだりを持ち出して、コネが増えることをアピールしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます