日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

失敗を回避せよ!楽しい合コンセッティングのコツ

「日程・集合場所・開催場所・時間・活動内容」など、参加者全員の希望を聞いて合コンのセッティングを行うのは、主に「幹事」と呼ばれるポジションです。
この場合、幹事は合コンの首尾を担うので、その合コンが楽しいか否かはすべて幹事にのしかかるのです。
だから、なるべく失敗は避けて通りたいものです。
そこで、合コンをセットする際のコツを紹介します。

共通認識を持つ

仲間集めは、なるべくお互いの気がしれてる人たちを集めるようにしましょう。
あまりにも普段から馴染みのない人たちだと、会話がちぐはぐになってしまいかねません。
いつどこでなにをするのか、といった基本情報のみならず、参加者全員のプロフィールを偏りなく紹介しましょう。

全員が幹事となって結束を固める

全員で幹事的な役割を分担してセッティングする方法です。
そのうち、便宜上の関係で、あくまでも記号的に「代表者」として幹事を1人定めておくだけでよいでしょう。
Aさんは全員のプロフと予定の管理、Bさんは近場の食事処・二次会の設定、Cさんは全員の趣味や食事の嗜好、といった具合に分担しておくと、本番で「思っているのと違った」ということにはなりません。

役回りを設定しておく

リーダー格の人に司会進行役を、まじめなタイプの人にプログラム進行のメモを、普段気配り上手な人に料理を取り分けてもらったりするなどの各自メインの役割を決めておくと、共通認識が深まりスムーズになります。

今まですべて述べたコツはすべて、合コンの前の話です。
つまり、セッティングの段階で、当日の出来がすでに定まっているようなものなのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます