日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会を盛り上げる出し物 〜カラオケ編〜

会社の歓迎会となると、新入社員から所属のトップまで広い年齢層になってしまうために、カラオケが大好きな人が多いにもかかわらず、今一つ盛り上がりがないときもあります。そんな場合に備えて、世代別にしたカラオの選別も必要になってきたりします。

松田聖子「青い珊瑚礁」

50代の女性に享けるそうです。「あ~私の恋は~、南の風に乗って走るわ~」とイントロからウキウキしてくる軽快なメロディーで、盛り上がります。永遠のアイドル聖子ちゃん、です。

チューリップ「サボテンの花」

50代男性なら、ほとんどの人が歌詞をほぼ暗記しているそうです。アコースティックギターの音色が最高に美しいフォークソング全盛期のこのチューリップの名曲は、上司ウケすること間違いなし、です。理由は、思わず肩を組んで歌いたくなるような軽快なメロディーにあって、エアアコースティックギターの真似をする人が続出したりします。

プリンセスプリンセス「Diamonds」

40代女性に人気があって、最高にノリの良いこの曲は、中だるみの頃の救世主です。マイクなしで絶叫すれば、注目されること必至、酔った勢いで一緒に参加してくれる人も出てくるかもしれません。「うまく言えないけれど宝物だよ」のフレーズでは、ひざまづいて両手を振りかざしてみましょう。

玉置浩二「田園」

30代後半から40代の働き盛りの心をぐっと掴みます。早口の歌詞にはついていけなくとも、肩を組みながら、マイクなしの大声で歌える名曲です。明日へのやる気を起こさせる曲ですから、おしぼりを頭に巻いて歌ってみましょう。

お酒も良くまわって、カラオケも佳境に入ったら宴会の終わりにも近くなっていきます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます