日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

合コンの割り勘 大学生でも男女に差をつけるべき?

合コンで男性側が特に悩むのは割り勘にするかどうかですよね。どちらも大学生の場合は収入もないわけですしどうしたらよいのでしょうか?今回は大学生同士で合コンをやる時の支払いについて考えてみました。

基本割り勘で問題なし

大学生同士なら割り勘と提案しても大丈夫でしょう。まだ学生の身分ですので、男女ともそんなに余裕があるわけではありません。女子も事情が分かっているので無理して出して欲しいとは思わない場合が多いです。金銭面で変に背伸びせず、学生らしく合コンを盛り上げるのがベターです。

端数は出すというやり方も

細かい金額は誘った男子側で出すという方法もあります。かかった金額を人数で割ると端数が出る場合が多いです。そんな時小銭まで集めるのは面倒なので「細かいのは出すから」と言って集金すればいいでしょう。女子はおごってもらったと思いますし、男子側は集金が楽になるので一石二鳥です。

一次会では男女差をつけて、二次会は割り勘

一次会の支払いは男女比を6:4にして、二次会以降は割り勘にするという手もあります。男子が女子を誘って開いた合コンなら、来てもらったお礼ということで少し多く出します。気の合うメンバーで二次会に流れた場合は割り勘にする傾向にあります。

まとめ

学生同士ですから無理することはないので、どこまでおごるかは財布と相談して決めるのがよいでしょう。社会人の飲み会でも女子の分をすべておごることは少ないです。あまり気負わず合コンを楽しんでくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます