日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの練習メニューの組み方 〜パス編〜

攻撃を組み立てるうえで、パスは重要です。そのためパスまわしはしっかりと練習しておくポイントです。

自分の胸元から両手で投げるチェストパス

ボールを素早く動かせるパスは、オフェンスを組み立てる上で非常に有効なテクニック。その中でも自分の胸から出すチェストパスは両手で出すぶん、最も正確なパスとなります。
チェストパスのポイントとしては、どちらか一方の足を前に踏み出しながら、手首のスナップをきかせてパスを出します。バックスピンをかけるときは、受け手が取りやすくするためです。試合ではできるだけ早いパスが求められるので、練習の時から意この点を常に意識しましょう。

タイミングに注意するバウンズパス

試合では状況に応じて、一度バウンドさせてから、味方にボールを届かせるテクニックが随所に必要になってきます。このようなパスをバウンズパスと呼び、試合での使用頻度も高くなります。
ディフェンスの足元のパスコースを狙う時や走りこんで来る味方のタイミングに合わせる時などによく使われるので、ボールに回転を与えるなどの工夫が必要になります。
回転のかけ方によって、いろいろな種類がありますが、最もオーソドックスなのがバックスピンです。バックスピンをかけてバウンドパスをする場合の距離感は、味方との間隔覚の3分の2あたりが目安になります。

パスの距離を伸ばしていく

試合では、速くて正確なパスを出せる距離が長ければ長いほど有利に展開できます。その力をつけるための練習としては、まずは無理のない距離から2人で向き合ってパスを出し合って、少しずつ距離を伸ばしていきます。
対面パスは簡単そうに見えますが、1本1本のパスを大切に、ていねいにして、強くて速いパスを出す習慣をつけるというのは難しいものです。
パスの距離が長くなると、どうしても山なりのパスになってしまいます。片方のサイドラインから、もう片方のサイドラインまで正確なチェストパスが出せるように練習をしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます