日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハイキングで高尾山へ!四季折々の風景を楽しもう

都心から電車に乗り約1時間で行ける高尾山。2007年より連続して、ミシュランガイドで最高ランクの“三ツ星”観光地に選出され、近年は海外からの観光客にも人気です。標高約599mの山は自然の宝庫!ぜひ四季折々の風景美を楽しんでください。

高尾山の春「桜・梅」

春になり、まず私たちの目を楽しませてくれるのが梅。高尾梅郷には、旧甲州街道を中心に関所梅林、天神梅林など複数の梅林があり約1万本にもおよぶ梅が咲き誇ります。また4月中旬~下旬にかけては、高尾山頂から相模湖方面へのハイキングコースの途中に見事な山桜が。

高尾山の夏「複数のハイキングエリア」

高尾山の周辺には「高尾山の植物」「森と動物」などテーマがつけられた複数のハイキングコースがあり、それぞれ約30分~1時間30分くらいで楽しめます。どのコースも深緑がまぶしく、涼しさを求めて夏歩くのがぴったりです。

高尾山の秋「燃えるような紅葉」

さまざまな見どころスポットがあり、長く紅葉を楽しめる高尾山。特に高尾山から陣馬山にかけての稜線の紅葉は目を奪われる美しさ。またリフトに乗ってゆっくりと空中から紅葉を眺めるのも格別です。

高尾山の冬「ダイヤモンド富士」

日の出や日没時に富士山の山頂部と太陽が重なる「ダイヤモンド富士」。高尾山は、当時の前後の時期だけダイヤモンド富士を観察できるそう。タイミングの良い時間帯は観光客がたくさん集まるので、準備万端して出かけましょう。

1年を通して豊かな自然で私たちを楽しませてくれる高尾山。もうすぐ春。とりあえず、満開の桜を楽しむことから始めてみませんか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます