日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

グアムに卒業旅行!持ち物と観光名所

学生最後のイベントといえば卒業旅行ですね。
国内旅行、海外旅行、どちらも魅力的でどこに行こうか迷う方も多々いると思います。
色々な候補地がある中で今回は人気観光地のグアムを紹介していきます。
様々な観光名所、また持っていくと便利なグッズをまとめていきますからぜひ参考にしてみてくださいね。

持っていくといいもの

常備薬は忘れずに持っていきましょう。食事が合わずにお腹を壊すことも珍しくありません。正露丸や頭痛止め、風邪薬、絆創膏は最低限持参します。目薬もあると便利ですよ。
海外にはじめていく方は忘れがちですが、海外は基本的に靴を脱ぎません。ホテルで窮屈な思いをしないためにスリッパがあるとリラックスして過ごすことが出来ます。
また、ビーチに行くと思いますから水着やタオル、ビーチサンダルも忘れずに。荷物を減らしたい方は現地で買ってお土産にしてもいいですね。その時に小さめの財布が別にあると便利。濡れても大丈夫な素材ならビーチでも活躍します。
グアムは暑いところだといって上着を持たないのはNGです。ホテルや食事の時に肌寒いことがありますから、薄めでさらっと着れるものを持っていると安心です。それとプラスでサングラスに帽子もあるといいですね。日差しが強いですからすぐに肌が痛くなってしまいます。

有名な観光地

グアムで有名な観光地といえば「恋人岬」です。タモン湾が見渡せる展望台のことが、透明度の高い海で周りには特に建物などがなく邪魔も入りません。カップルでつくと幸せになる「恋人たちの鐘」があります。ただ場所が分かりづらいのでレンタカーで行く方は注意が必要です。
また、ミクロネシア航空のセスナ機に乗って恋人岬やタモン湾の上を遊覧飛行することが出来ます。普段出来ない空中散歩を体験してみるのもいいですね。
チャモロビレッジいう場所は、先住民であるチャモロの文化に触れることが出来ます。毎週水曜日の夜に開催されるナイトマーケットは、約40ものお店が建ち並びお祭り気分を味わえます。
アンダーウォーターワールドも素敵な場所です。いわゆる水族館ですが、水中トンネルになっていて海底の世界を望むことが出来ます。神秘的な雰囲気で夜にはBarになるのでオシャレな空間でお酒を飲むのもいいですね。高校の卒業旅行ではもちろんダメですよ。

さいごに

グアムは羽田から約3時間半程で行けてしまい、時差もありません。
年中常夏の季節なので卒業旅行シーズンでも暑い太陽にきらきら眩しい海が待っています。
比較的安く気軽に行けるリゾート地ですので学生にはとてもオススメです。
まだまだ魅力的な場所がグアムにはありますから、気になった方はぜひ調べてみてはいかがですか?

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます