日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

先人が贈る テニス初心者へのアドバイス

スイートスポットを身体で覚えましょう

テニス初心者が最初に戸惑うことの1つに、ラケットの長さがあると思います。
そのためにボールと身体の適切な距離感がなかなかつかめないでいる人をよく見かけます。
まずは、フォハンドとバックハンドでボールつきをして、ラケットの長さとスイートスポットの位置を身体に覚え込ませましょう。
この感覚をつかめるかどうかが上達のスピードの違いに現れてきます。

自分の打点をつかむ

スイートスポットでボールを打つ感覚がつかめたら、実際にコートでボールを打ってみましょう。
空振りなんて気にしないでください。偉そうに教えているコーチも元は初心者です。自分がもっとも力がはいるポイントがあなたのヒッティングポイント(打点)です。このときどこに飛んでいったとかはあまり気にしなくていいんです。まずは自分の打点をつかむことが最優先です。

狙った方向に打つ

自分の打点をつかむことができたら、気持ちよくボールが飛んで行くようになっていると思います。
次は、狙った方向にボールを飛ばしましょう。まずはボールに当たる瞬間のラケット面が打ちたい方向に向いているかに集中しましょう。そして、狙った方向に押し出すようにフォロースルーします。狙った方向に飛んだらOKです。ネット、アウトはまだ気にする必要はありません。それはボールに回転をかけることで解決できますので。

初心者のうちは、ボールをラケットのスイートスポットで打つ快感を味わってください。コンスタントにスイートスポットで打つことができるようなってから、徐々にステップアップを目指しましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます