日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーに行こう!必要なものリスト

スキーに行く際に必要なものリストです。

スキーの道具(レンタルの場合は不要)

・スキー板
・スキーブーツ
・ストック
・スキーウエアー

小物(スキーを安全に楽しむために必須)

・グローブ(寒さ対策だけでなくエッジなどから守るためにも)
・帽子(転倒時の保護もできます)
・サングラス(ゲレンデの照り返しによる雪眼防止のためにも)
・ゴーグル(降雪時には、視界のつ用意味方になります)
・靴下(薄手、厚手、濡れた場合の交換分も含めて複数組)
・長袖タートルシャツ(ユニクロ等の機能性シャツが、汗をかいても冷えにくくお勧めです。)
・タイツ(転倒して雪がウエアー内に入っても冷たくありません)
・アンダーウエアー(入浴後の交換分または濡れた場合)
・リフト券ホルダー(大体のリフト券売り場で購入可能ですが、お気に入りを持っていると安心)
・ネックウォーマー(風が強い時のゲレンデでは必須)
・チューンアップ用品(ワックス、ワックスリムーバー等、泊まりで行く際は、スキー板の状態確認を含めて手入れしましょう。)
・現金(リフト代、食事代、駐車代、交通費等余分めに)
・保健証(コピー可)
・日焼け止め(雪の照り返しは、曇天でも強いので十分な予防が必要です。)
・リップクリーム(寒さと風で乾燥しがちなので必須かもしれません。)

あれば便利

・カメラ(記念やSNSのシェアーにも便利です。)
・ビデオ(フォームチェックができれば上達の近道になります。)
・カイロ(お腹や腰等)
・入浴セット(バスタオル・ハンドタオル・洗面具)
・防水スプレー(子供連れでそり遊びをする際は、お尻等休憩後などにかけると冷えずに遊べます。)
・曇り止め(ゴーグルや眼鏡等の視界確保用です。)
・ゲレンデの案内図(リフト券売り場やレンタル受付等で手に入れましょう。)
・方位磁針(ゲレンデで迷った時に活躍します。)
おやつ(チョコレートなど手軽にエネルギー補給ができるものを選びましょう。)

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます