日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【年に1度は大掃除】畳の掃除方法

意外と畳にも汚れはたまっています。年に1度の大掃除の際には是非、しっかり汚れを取り除いてあげたいですよね。そこでお掃除方法をご紹介いたします。

汚れ落とし

畳に汚れがごびりついてしまっている場合は、塩を使ってみてください。塩をまいてから、歯ブラシのような形状のもので畳の目地に沿って汚れを掻き出します。塩が吸着して汚れを一緒に引き出してくれます。出てきたゴミは掃除機で吸い取ります。

汚れ落とし・頑固汚れ

塩でダメだった場合にも諦めるのはまだ早いです。その時には弱アルカリ性の洗剤を歯ブラシに直接つけてから掻き出して下さい。最後にはかたく絞った雑巾でしっかりと洗剤を拭き取り、早めに乾燥させてあげたいのでから拭きをします。湿気が気になるときには、エアコンをかけたり、扇風機を回してあげるとより効果的です。

畳のへり

見落としがちなのが畳のヘリの部分です。ここにも畳同様汚れはたまります。布地なので基本的には水拭きをしてあげれば汚れは落とせます。最後にきちんと乾燥させることを忘れずに行ってください。

畳を干す

年に一度だから是非行って欲しいのは畳を干すこと。畳に余分な湿気がたまってしまうとカビの発生や、ダニの生息につながります。季節は春か秋の天気のいい日がいいでしょう。畳の裏と表を太陽の光にあててホコリをたたき出します。その時、畳は地面に直接おかないようにします。地面からも不要な湿気を吸い上げてしまう恐れがあるので、ブロックの様なモノを置き、風の流れを下側にも作ります。

畳も年に1度の大掃除をしてあげることにより、より長く清潔に使うことができるようになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます