日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

合コンで気になる人がかぶる場合、どう切り抜ける?

多人数の見知らぬ人たちが同時に出会うこととなる合コンでは、
たまたま他の同性メンバーと意中の異性がかぶってしまうこともおこりえます。
この状況が確認できるとき、大概の人は気まずい思いをするようです。
まとめサイトなどで確認できる、こういった場合のメジャーなやり過ごし方を紹介します。

場の空気の方が大切!

意中の人をライバルの手から「守り」、ゲットしたいと考える心理もさぞあることでしょうが、
合コンは全員が楽しむべきチームプレイ、ここであからさまな態度を取ってしまうと
ライバルのみならず、周りの人にも気まずい思いをさせてしまうからだという意見です。
中には、「かぶったら最後、諦める」というタイプの人もいました。
やはり、そのあとのギクシャクを避けたいという思いが強いとこういった結論になりがちです。

「高嶺の花」かと思ったら潔く手を引く

意中の異性が、そのライバルとの相性を考えて、
「明らかにそのライバルと意中の相手とのカップリングの方が映える」と結論付けられた場合は、
「まあいいや」と考えて次の機会に備えるそうです。
むしろこうして諦めがついてしまうことで、これまでの緊迫した幹事から解放され、
純粋に楽しんで、あとの時間を過ごすことができるのだそうです。

敢えて相手を立ててみる

ライバルに敢えて話題を振ってみたりすることで、その意識を意中の異性に向けます。
そこでどのようなリアクションを、お互いがするのかを見てみて、
機会があれば奪ってしまおうという魂胆です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます