日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会での自己紹介はネタでいく?ガチでいく?

歓迎会というと、新人がどのくらい入るか、そして、社員の平均年齢がどれくらいかによって、好みが違ってくるでしょう。業種によっても異なってきます。ここでは3つのタイプに分けて、どちらがいいか検討しました。

若い人が多い会社はネタで

若い人が多い会社の場合、新人との年代も近いということもあり、面白いと感じる物も近いはずです。笑いごころも近いでしょう。ですから、自己紹介はネタでいくほうが、とても楽しい歓迎会になるでしょう。

クリエイティブな職種の人が集まる会社もネタで

クリエイティブな職種の人が集まる会社の場合、そこで働いている人それぞれが独自の発想を持っている、個性的な人が多いでしょう。そして、入社する人もやはり個性的な人が多いでしょう。ですから、自己紹介もネタでいくとほうが、楽しい歓迎会になる可能性が高いです。

技術職が多い会社はガチで

技術職の人が多い会社の場合、クリエイティブな職種の人が集まる会社とはかなり違う個性がある人達が多いでしょう。無口で静かなタイプの人も多いかもしれません。年齢の幅が広いこともあるでしょう。ですから、どちらかというと、ガチでいったほうが良さそうです。

おわりに

このように、その職種によって、歓迎会の自己紹介をネタでいってもいいか、ガチでいくべきかということは違ってくるでしょう。また、歓迎する人数が多い場合も、一人一人の自己紹介にあまり時間をかけられない場合もあるでしょう。ただ、ネタのほうは得意でない人もいるでしょうから、少し注意が必要でしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます