日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

紅葉 に種類はあるの!?紅葉博士になりたい

秋になると色とりどりの紅葉が綺麗ですね。赤や黄色に染まった山は美しく、感動し癒されますね。
そもそも、紅葉に種類はあるのでしょうか。

紅葉ってなに?

紅葉とは落葉広葉樹の葉が落ちる前に色が変わる現象のことを言います。この、「色が変わる」という現象は、気候や温度など様々な自然条件が複雑に絡んでいるそうです。

紅葉には何があるの?

「紅葉」は葉が赤色に染まることを指すこともあります。その場合、黄色に変わることを「黄葉(こうよう・おうよう)」、褐色に変わることを「褐葉(かつよう)」と、それぞれ呼びます。

しかし、一般的にはこのように区別することは少なく、これらをまとめて「紅葉」と呼ぶことが多いようです。

◎「紅葉」する植物
 カエデ科~イロハモミジ、メグスリノキ 
 ウルシ科~ヤマウルシ、ツタウルシ 
 ツツジ科~ヤマツツジ、レンゲツツジ 
 ブドウ科~ヤマブドウ、ツタ 
 バラ科~ヤマザクラ、カリン 

◎「黄葉」する植物
 イチョウ科~イチョウ 
 カバノキ科~シラカバ 
 ヤナギ科~ヤナギ、ポプラ 
 ニレ科~ハルニレ 
 カエデ科~イタヤカエデ
 ユキノシタ科~ノリウツギ 

◎「褐葉」する植物
 ブナ科~ブナ、ミズナラ、カシワ 
 スギ科~スギ、メタセコイヤ
 ニレ科~ケヤキ
 トチノキ科~トチノキ
 スズカケノキ科~スズカケノキ

上に挙げたのはほんの一例ですが、紅葉にも種類がありその植物も様々です。紅葉を見かけたら、何の植物で何色かな?とよく観察してみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます