日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

茨城県の紅葉狩りの名所3選

明太子で有名なかねふくがある茨城県は日本の滝百選に選定される袋田の滝や、「西の富士、東の筑波」と称されるほど美しい茨木山がある自然豊かな県です。茨城県の紅葉狩りの名所を紹介します。

竜神峡・竜神大吊橋

V字形の渓谷がとても美しい竜神峡にある竜神大吊橋は、竜神ダムの100m上空に架けられています。本州では一番長い歩行者用の吊り橋です。長さ375mの空中回廊から見える四季折々の自然は秋には原生林が色づき、天気のいい時なら阿武隈山系の山並みを見渡せる紅葉狩りの絶景ポイントになっています。11月1日~30日には竜神峡 紅葉まつりが開催され11月13日の茨城県民の日は吊橋の通行料が無料となります。

花園渓谷

北茨城市の花園渓谷は坂上田村麻呂の創建と伝えられています。花園神社より七つ滝を越え、奥の院まで花園川沿いにつながる渓谷で県立自然公園に指定されています。美しく色づいたモミジやカエデ、ブナ、ナラが立ち並ぶ自然の中を散策することができます。トップシーズンは周囲は車で渋滞します。

永源寺

通称「もみじ寺」とも呼ばれる永源寺はJR常陸大子駅から徒歩で約10分の久慈郡大子町にあります。高台にあるので大子町や周りの山を一望することができ、七福神の弁財天が祀られています。11月初旬に開催される奥久慈大子まつりは特産品の展示即売などイベントで賑わいます。

まとめ

紹介した3箇所だけではなくまだまだたくさんの紅葉狩りスポットがあります。日本三名瀑の1つでもある袋田の滝はライトアップもされ関東の紅葉狩りスポットの上位にランキングします。あまりの美しさに昔、西行法師が「花紅葉 経緯(たてよこ)にして山姫の 錦織り出す 袋田の瀧」と歌を詠んだほどです。合わせてぐるりと周遊したいものです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます