日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会での自己紹介のタイミング

親睦を兼ねた歓迎会では、にぎやかな飲み会になる事が多くなります。

歓迎会の始まりでの自己紹介

乾杯の前に、幹事がまず本日の挨拶と自己紹介を簡単にします。その後、乾杯をしてから、役職者の挨拶に続いて、新入社員や転属者の自己紹介へと進んでいく方法があります。また、乾杯後5分ぐらいを目安になごやかなムードになっているその場のタイミングを見計らって新入社員や転属者の自己紹介の案内をする方法もあります。会の始まりですから、自己紹介の内容は名前と本人の特徴、歓迎会への感謝、仕事への抱負を交えた簡単で短めの方がよいでしょう。また、会の始まりの挨拶をする役職者の人には、そのときに簡単な自己紹介も含めてもらいます。

歓迎会の半ばでの自己紹介

半ば頃には、宴会もにぎやかに盛り上がってきていますから、タイミングを見計らいながら新入社員や転属者の自己紹介の案内をします。会席者にはお酒も入って、話しやすくなっている頃ですから、このタイミングで自己紹介を行うと場がさらに盛り上がる事があります。場が温まって来ているときが良く、お酒が入りすぎてはいないように注意しましょう。

おわりに

自己紹介のことは事前に歓迎される側の人に、どこのタイミングでこのようにお願いします、ということを伝えておくと、心構えもできていて自己紹介もスムーズに進みます。新入社員や転属者、そして幹事や挨拶を述べる人の簡単な自己紹介は必要ですが、特別な場合を除いて会席者全員の自己紹介をする必要はないようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます