日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣り用語をわかりやすく解説!仕掛けに関する用語

釣りをする時、同じ仕掛けで色々な魚が釣れるわけではありません。何を釣りたいかによって、仕掛けが変わってきます。

この魚はこの仕掛けで!

◎サビキ仕掛け~アジ・カワハギ・メバル・タイ・クロ・チヌ

サビキ釣りでは糸の一番下にカゴをつけ、その上にサビキ(擬餌針)をつけます。カゴに撒き餌を入れ、海へ投げ入れます。そうすると撒き餌が海中へ撒かれ、そこに魚が集まってきます。撒き餌に集まった魚が、疑似餌を間違って食べることで魚を釣る方法です。

◎ウキ釣り仕掛け~アジ・カワハギ・メバル・サバ・ホゴ

ウキが沈むことでアタリを見る釣り方です。同じウキ釣りで、「ウキフカセ釣り」がありますが、こちらは仕掛けを流して釣る方法です。

◎ルアー釣り~アジ・スズキ・タチウオ・タイ・ブリ

ルアー(疑似餌)を使って釣る方法です。最近ではルアーも進化しており、より本物に近ルアーが多々あります。狙う魚によって、ルアーを使い分けます。

◎エギング~モイカ専用の仕掛けです

エギ(和製ルアー)を使い、モイカ(アオリイカやミズイカ)を釣る方法です。上に竿を上げる(シャクリを入れる)ことで、海底のエギが跳ねてモイカをおびき寄せます。

◎泳がせ釣り~スズキ・ヒラメ・タチウオ・モイカ

餌として小魚を泳がせ、大型の魚をおびき寄せて釣る方法です。小魚は、その場でサビキ釣りなどで釣る方法と、店で活きた小魚を購入する方法があります。

仕掛けや釣れる魚はこれだけではなく、色々あります。狙った魚が釣れるように、仕掛けも選びも重要ですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます