日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

忘年会での挨拶は誰に頼む?

忘年会で幹事になってしまったら、誰に挨拶を頼むか迷いますよね。挨拶の依頼にもマナーがあります。

挨拶の種類

忘年会の挨拶には大体以下のものがあります。

1.開始の挨拶
2.はじめの挨拶
3.乾杯
4.締めの挨拶

どれを誰に頼む?

1.開始の挨拶

 まずは、忘年会開始の挨拶をします。これは司会が行いましょう。
 司会は幹事が担当することも多いと思いますが、その際手短に自己紹介を入れてもいいですね。

2.はじめの挨拶
 
 忘年会に参加している中で、トップの方にお願いしましょう。会長や社長、部長などですね。

3.乾杯

 はじめの挨拶をお願いした方に、そのままの流れで乾杯の音頭をとってもらってもいいでしょう。
 そうでない場合は、三番目に役職(地位)の高い方にお願いします。
 例外として、元気な若手や新人に任せても、場が盛り上がっていいと思います。

4.締めの挨拶

 ここでは、二番目に役職(地位)の高い方にお願いします。
 最後に、三本締めなどで締める場合もありますね。そこまでをお願いしておいてもいいでしょう。

挨拶を依頼する時のポイント

 挨拶はできるだけ短めにお願いしたいですよね。依頼する時にあらかじめ、「3分以内でお願いします。」な どと伝えておくといいですね。

 同じ役職(地位)の人が複数いる場合ですが、基本は年長の方にお願いしましょう。
 しかし場合によっては、複数人にお願いせざる得ないこともあるでしょう。その時は、一人一人は手短にお願 いしましょう。

幹事は色々と気を使うことも多いと思いますが、楽しい忘年会になるように頑張ってくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます