日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会費の平均金額は?

会費制になることが多い二次会。いざ金額を決めようと思っても、いくらに設定すればいいのか悩んでしまいますよね。場所やお店で違ってくるし、またお料理によっても値段が変わってきます。会費に男女差はつける?ゲームの景品代も会費で賄う?など、気になることをまとめました。

1番高いのは大阪!?

大阪では1万を超える二次会もよくあります。東京で1万円、名古屋は8000円程度です。また田舎のほうでは3000円が相場なので、1万円の会費にびっくりされる人も多いようです。土地によっての金額差は大きいですね。全国的に8000円を超えると高いと感じ、参加をためらってしまう人が多いです。

男と女で金額に差をつける?

食べ放題・飲み放題のお店で、男性と女性の料金が違う場合は、それに合わせて会費を変えてもいいですが、金額を揃えておいた方が、スムーズに集金ができ幹事さんの負担が減るのでおすすめです。

ゲームの景品代

ゲームの景品代まで会費でまかなおうとすると、会費が高くなってしまいます。また、会費を上げないで景品を用意するとなると、お料理の質や量が下がってしまいます。できるならゲームの景品は新郎新婦で用意するのが良いでしょう。

まとめ

場所、お店などを考慮しなかった場合、二次会の会費の平均金額は5000円~6000円ほどです。おつりのことを考えて切りのいい金額を設定するのが良さそうです。ゲストの負担をなるべく減らして、たくさんの人に参加して二人の門出を祝福してもらいたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます