日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会後のカラオケ…何を歌えばいいかわからないあなたに

春になり、新入社員を迎え入れる企業も多いと思います。新たな仲間を歓迎するために、新入社員歓迎会が開催されることもあるでしょう。新入社員にとっては、会社に入っておそらく初めての飲み会です。緊張するかと思いますが、礼儀をわきまえつつ楽しんでくださいね。
歓迎会の後、二次会でカラオケへ・・・というケースも少なくありません。しかしカラオケがあまり得意でない人にとっては、ほぼ初対面の上司・先輩を前にして歌を歌うなんて、とんでもない苦痛だと思います。だからと言って断れない状況になるかもしれないし・・・でも何を歌えばいいのかわからない!?
そんな人のために、歓迎会で新入社員が歌うのにピッタリな曲をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

明日があるさ ウルフルズ

新入社員が上司や先輩と行くカラオケで、選曲の際最も悩む点は、世代間ギャップでしょう。あまり最近の曲では知らない人が多いかもしれないし、かと言って古い曲もわからない。そんな時に覚えておくといいのが、この歌です。昔ヒットした名曲を最近になってリバイバルしたものですので、広い世代の方になじみがあります。しかも音の高低も激しくないので、歌が苦手な人にもオススメです。

さくらんぼ 大塚愛

上司や先輩の知っている曲を、と気を遣いすぎるよりも、敢えて最近の歌を歌った方が「新人らしい」と喜ばれることも多々あります。「さくらんぼ」は少し年配の方も聞いたことがあり、かつ「今風」な感じのする歌で、歓迎会で新入社員が歌うにはピッタリな曲でしょう。

会いたかった AKB48

歌唱力に自信がない人は、みんなで一緒になって歌えるような曲をチョイスしましょう。AKB48の曲はみんなで歌うのに適していますし、フリになじみがあるので踊りながら楽しんで歌えます。盛り上がること間違いなしです。

まとめ

歌が苦手な人にとって、歓迎会後のカラオケは、歓迎会よりむしろ緊張するものかもしれません。しかも新入社員はおそらく歌を披露させられることになるでしょう。苦手だからと断るよりも、場に適した歌を一曲用意しておいて、せっかく歓迎してくれている上司や先輩を喜ばせたいものですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます