日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行のしおりの表紙

いつも職場でしか会わない同僚や先輩と行く社員旅行は、ドキドキとワクワクが入り混じってとても楽しみなものです。更に「旅のしおり」があれば、その楽しみは倍増するでしょう。学生時代の修学旅行などでも、事前に配られた旅のしおりの隅々にまで目を通し、出発の日を待ちわびた思い出があります。幹事さんはひと手間かかるかと思いますが、ぜひ社員旅行にも旅のしおりを作成してほしいと思います。
さて、社員旅行で使う旅のしおりの表紙はどんなものが適しているでしょうか。以下に解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

必須項目

まずは、どんな表紙にするにしても記載しなくてはならない必須項目があります。それは「団体名」「旅行名」「行き先」です。例えば「株式会社〇〇 社員旅行 2泊3日沖縄本島の旅」というような形が一般的でしょう。

行き先に関連するイラスト・写真

必須項目の下、または背景には、行き先をイメージさせるような写真やイラストが定番だと思います。行き先が沖縄だとすれば、背景を海の写真にするといった形です。最近では大抵の観光地にご当地キャラが存在しますので、行き先のご当地キャラのイラストを載せても、楽しい雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。

参加者に関連するもの

行き先に関連するものが思いつかない場合は、参加者に関連するものでも良いでしょう。例えば社員の集合写真などです。できれば堅苦しいものよりも、飲み会で撮影した集合写真など、ラフな雰囲気のものをチョイスしましょう。

まとめ

旅のしおりの表紙は、その旅の印象を決めると言っても良い程重要なものです。中身はもちろんですが、表紙もこだわって作ることで、思い出に残る社員旅行にしてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます