日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

東京都庭園美術館へのピクニックのすすめ

東京都庭園美術館は、東京都白金台にあるアールデコ様式建物の美術館です。
旧朝香宮邸の魅力を生かしながら、現在は展覧会やパフォーマンスなどのプログラムが展開されています。
素敵な庭園と芸術に触れる大人のピクニックをしに行ってみませんか。

どんなところなの?

旧朝香宮様の邸宅を保存しつつ美術館として外からの人を受け入れるようになって30年の後、2014年11月には約3年間にわたる本館の改修工事と同時に新館が開設されたばかりです。
門を入ると、別世界かと思うほどの広々とした緑の空間木々に囲まれたプロムナードを歩きながら、美術館へ向かいます。
建物はアールデコ様式であり、正面玄関入口のガラスレリーフ扉はガラス工芸家のルネ・ラリックによるものです。
客室、寝室、ベランダと優雅でモダンな邸宅にうっとりすることでしょう。

庭園

庭園は池と茶室のある日本庭園、花の咲き誇る西洋庭園、彫刻のある芝生庭園と3つの庭があります。
都心にあるとは感じられないほどの緑に包まれた庭を散策するだけでも、非日常の癒しを味わうことができます。
庭園のベンチで一休みするなら、時代さえも錯覚してしまいます。
2015年4月25日に庭園の一部が公開され、庭園のみの料金も設定されるとのことですので楽しみですね。

カフェ・ド・パレ

新館にはカフェがあります。
屋内とテラス席で、天井から床までのガラスから庭園を眺めつつ、コーヒーとお菓子をいただけます。
アートと自然の両方を満喫できる都会のピクニックはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます