日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

転職者の歓迎会でのスピーチ内容はこれだ!

転職をした先で歓迎会を開いてもらうことになったら、主役としてスピーチをすることになります。
当日ぶっつけ本番でスピーチをするのではなく、事前にスピーチ内容を考えておくようにしましょう。

スピーチの内容と注意点

歓迎会のスピーチで一番伝えるべきことは、歓迎会を開いてくれたことに対する感謝の気持ちと、これからの抱負です。
それを踏まえたうえで、ぐだぐだと長いスピーチではなく、簡潔でわかりやすいスピーチを考えましょう。
全体の構成としては、
①会を開いてくれたことへの御礼
②自分自身の簡単な自己紹介
③今後の抱負
④〆の挨拶
という形が理想的です。
また、スピーチが歓迎会の冒頭である場合はよいのですが、中盤や終盤にある場合は、スピーチが終わるまではお酒は控えめにし、冷静でいられるようにしましょう。
以下、歓迎会でのスピーチ例をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

スピーチ例

ただいまご紹介にあずかりました山本次郎と申します。
本日は、私のためにこのような会を開いて頂き、本当にありがとうございます。
私は先日まで、まったく畑違いの○○会社に勤めておりました。
○○会社で働いているうちに、もっと人とふれあう仕事をしたいと思い、転職を決意致しました。
これまでは、一日中デスクワークばかりの仕事でしたので、パソコンについての知識は多少ありますが、営業については全くの素人です。
慣れない仕事でご迷惑をおかけすることが多いと思いますが、一日も早く仕事に慣れ、みなさんのお役にたてるよう頑張ってまいります。
みなさん、どうぞご指導のほどよろしくお願いします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます