日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケ上達に欠かせない基礎練習は?

バスケットボール上達に欠かせない基礎練習にボールのハンドリングがあります。ボールを手になじませて、意図したとおりにボールを扱うテクニックです。シュートやパスなど上達するためには欠かせない要素。ボールハンドリングのポイントをご紹介します。

指を開いてボールを持つ

ボールを持つときには、できるだけ指を開いてボールを持つことが基本となります。なぜなら、指を開いて持つことによって、ボールをコントロールしやすくなり、ボールをしっかりとキープできるようになるからです。
指を閉じてしまうと安定感に欠き、試合ではほかの選手とちょっとぶつかっただけでボールを落としてしまい、敵にボールを奪われてしまいます。

いろいろな体勢でもハンドリングできるように

ボールハンドリングは、遊び的な要素も強い練習です。はじめは立って、できるようになったら今度は座ってやってみましょう。この時に大切なことは、ボールに触る時間をできるだけ長くすることです。ちょっとした休憩時間でも座って常にボールを扱う感覚を身につけていきます。

視線は前に向けて

常にまわりの状況を見て、視野を広く保つのがバスケの上達には欠かせません。ボールハンドリング中でも、顔を上げてボールではなく、まわりの様子を見ながら行うようにしましょう。ボールハンドリング中は絶対に下を向かないように、普段の練習から気をつけるようにしましょう。

ツーボールのボールハンドリング

ボールハンドリングの技術を向上させるために大切なことは、左右両方の手を使えるようになることです。どうしても利き手で練習しがちですから、左右の手を均等に使えるようにするために2つのボールをひとりで同時に扱うツーボールのボールハンドリング練習をしましょう。ボールを見ないでしっかりとコントロールできることを目指しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます