日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハイキングで谷川岳登山の日帰りおすすめルート

谷川岳への登山はロープウエイ、リフトが利用できるので、初心者にとっても非常に登りやすくなっています。ハイキング気分で気楽に登れるおすすめのルートをご紹介します。

天神尾根から上越国境の名峰へ

谷川岳は、日本海側と太平洋側との気候区界をなす谷川連峰の中心にそびえる山です。冬は豪雪を伴う季節風の影響で標高2000mにもかかわらず、自然環境の厳しさから3000m級の高山植物が自生しています。
まず谷川岳ロープウエイ、リフトを乗り継ぎます。天神だけ峠まで約15分で到着。そこからは北に「トマの耳」「「オキの耳」からなる双耳峰(そうじほう)の谷川岳がどっしりと横たわっているのが見えます。
天神岳から少し下ると、天神平からのトラバース道と合流しますから、木道の敷かれた尾根道を緩やかに上っていきます。そして最初の休憩ポイントにちょうどいい熊穴沢(くまあなざわ)避難小屋があります。
ここから先はやや傾斜が強まりますが、登山道の両脇は低木が多くなり視界が開けるので、気持ちよく登ることができます。ガレ場を過ぎたあたりで「天狗の留り場」と呼ばれる展望のよい岩場に出ます。このあたりから頂上にかけて高山植物が多くみられ、登山者の目を楽しませてくれます。
肩の小屋まで登り、トマの耳、さらに進むと谷川岳の最高点オキの耳に立ちます。

立ち寄り情報

水上駅より谷川温泉行バスで5分。谷川岳南麓、谷川沿いにある谷川温泉に水上町営の日帰り温泉施設が「湯テルメ・谷川」です。大浴場と露天風呂、無料休憩室をそなえています。岩組の露店風呂は、谷あいの林に囲まれた自然豊かなロケーションで、紅葉の時期など見事な風景が楽しめます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます