日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルの技術向上術

サッカーによく似ているフットサルは、冬に気温が下がりすぎたり、生憎にお天気だったりで、外で練習ができないサッカーの冬の練習方法とも言われています。でもフットサルって、室内で行われる独立した立派な競技なのです。
そんなフットサルの独自の技術向上術なるものをご紹介してみましょう。

チーム全体の強さは、個人技の練習がポイント

フットサルは、コートを借りることが出来るのは一般的に平均週一なので、一回の練習で優先するべきことは全体練習です。つまりフットサルの試合を左右するのは、個の力である個人技のための個人練習が大切になってきます。フットサルの個人練習でのポイントは、いかに早くボールに反応して、ボールコントロールが上手くできるかにあるのです。そのため、練習内容も手と足を使ってのボールタッチからはじまります。

技術が上達するオリジナルのプレー

これは、フットサルが如何に個人技が重要になってくるかを意味します。つまり、一人一人の個性やセンスが、チーム全体の試合に影響するほどオリジナルプレーがキーポイントになってくるのです。個性的な個人技はさまざまです。
例えば、ドリブルが得意な選手、ディフェンスに一目置かれている選手、スピードのあるドリブル、ボールコントロールに長けているなど他にも優れたタイプの選手が存在します。

まとめ

このように自分のプレースタイルに合った練習方法は、フットサルの個人技術習得のための分野を確立しています。
自分の才能に気がついたとき誰でもない自分自身が、そのオリジナルプレーに合った練習をすることができるのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます