日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行の経費 一緒に行った家族分は?

近年は社員旅行を行う会社は減少している傾向にあるようですが、社員の親睦厚生に力を入れている会社では毎年恒例の行事として行われています。

社員旅行の経費

社員旅行は会社の福利厚生の一つですから、会社は福利厚生費として処理できます。したがって、会社がその費用を負担するのが原則です。ただし、それには条件があります。その条件を満たしていない場合には、社員に対する給与の一部として扱われますから社員はそれに対して税金を支払わなくてはいけなくなります。

福利厚生費として扱われる条件

・日程が4泊5日以内であって、海外旅行の場合には現地滞在日数が4泊5日以内であること。飛行機内での所要日数などは計算に入りません。
・会社負担額が常識的な額であることが必要で、目安としては社員一人当たりの会社の負担額が10万円となっています。
・全従業員の50%以上が参加していなくてはなりません。

一緒に行った家族分の費用

原則的には、会社が負担するのは社員分までですから、その社員と一緒に参加した家族分の旅費はその社員が負担することになります。通常は、社員が会社に自分の家族の分の費用を払い込みます。会社が家族の分まで負担するような場合であっても、普通は、その費用はその社員の給料の一部として計算されますから、その社員はその分の税金を払わなくてはなりません。

社員旅行の経理処理については、税務調査でよく調べられますから証拠資料は必ずきちんとしておかなくてはなりません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます