日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサル初心者がまず学ぶべき戦術とは

フットサルはサッカーと同様、試合中の細かな戦術がキーポイントとなっています。状況に応じて切り替えていくことで試合を有利に進められます。初心者の人におすすめしたいフットサルの戦術についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

ディフェンスを徹底的に

初心者の人にまず学んでもらいたい戦術は「ディフェンス」です。ディフェンスをしっかりとすることで、ボールを奪う機会が増えて攻めのチャンスとなるため、「攻めるよりも守り」を重視して覚えましょう。

すぐにボールを奪いに行くのではなくて、相手の距離を一定(2メートルくらい)に保ち、ディフェンスをしましょう。相手に抜かれずにプレッシャーを与えることが大事です。

ダイヤモンド型

上から見るとダイヤモンドの形に似ていることから付けられた戦術です。
「1-2-1」の配置なので、ポジションのバランスが前と後ろに比較的動ける人をセットすると連携が繋がりやすいのでポイントです。

ボックス型

上から見るとボックスの形に似ていることから付けられた戦術です。
「2-2」の配置なので、前衛と後衛に分かれているため攻撃と守備の役割も理解しやすいです。スペースを広く使えるため連携の組み合わせが豊富です。

まとめ

フットサル初心者がまず学ぶべき戦術についてまとめてみました。戦術を学ぶ上で攻めも守りも「パス」が重要です。戦術を学び、「攻撃→守り」「守り→攻撃」をスムーズに変えられるようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます