日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行で海外に行った場合、保険は適用される?

最近は社員旅行で海外に行く会社が増えています。そんなとき、気になるのが保険です。

旅行傷害保険

国内、国外を問わず社員旅行中の傷病は、原則として労災保険ではカバーされません。健康保険に頼ることとなりますが、海外の場合には被保険者が怪我をしたり病気にかかった場合には、現地の医療機関等でかかった治療費等の全額をいったん自己負担して、帰国後に所定の手続きをして、療養費の給付を受けることとなります。その給付申請は、社会保険事務所か健康保険組合で、現地の医療機関等で支払った治療費等の領収書、医師の証明書、それらの日本語訳などを添えて「療養費支給申請書」を提出して行います。

民間の旅行傷害保険

健康保険の給付までには時間がかかりますし、旅行中の医療費を十分にカバーできない可能性もあるので、一般的には民間の旅行傷害保険などに加入します。そればかりではなく、社員旅行は会社主催の行事ですから、旅行中の事故などで重大な後遺障害が残るか死亡したりする場合などに、本人や遺族に対して相当額の補償をしなければならない可能性があるからです。保険内容によっては、海外旅行中の傷病にかかる医療費などは原則としてほぼ全額補償されます。また重度の後遺障害が残った場合や死亡した場合などには、掛金に応じた相当額の補償がなされます。

海外へ行く社員旅行の場合は、会社が旅行傷害保険をかける場合が多いようです。しかし、会社が保険を受け取るのなら会社払い、個人が受け取るのなら個人払い、という割り切った考え方もあるようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます