日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

送迎会 のお礼 メールの書き方

会社で送迎会をしてもらったら、お礼のメールを送りましょう。
どんなふうに書けばいいでしょうか。
まとめました。

お礼メールを書くためのポイント

送迎会をしてもらってから、2日以内を目安にして書きましょう。
遅くなると失礼になります。
感謝やお礼の言葉を複数入れましょう。
これから先の抱負なども書いておくと前向きな文章になり、良いでしょう。
苦労して準備してくださった幹事さんには、特別に感謝のメールを個別に書いても良いです。

上司、幹事さん宛に書くメールの例文

昨夜は盛大に送迎会を開いていただき、ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
お仕事でお忙しい中、幹事をしてくださり、ありがとうございました。
お疲れさまでした。
○○部長には大変お世話になり、あたたかいご指導をいただいたことを忘れません。
これからもご教授いただきますように、お願い申し上げます。
新しい地でも頑張っていきたいと思っております。

社内宛に書くメールの例文

昨夜は私のために送迎会を開いてくださり、ありがとうございました。
お忙しい中を皆さんが参加してくださり、感謝いたします。
思い出に残る、とても楽しい送別会でした。
これまで仕事を続けてこられたことは、何より皆さんのあたたかいご指導によるものでした。
本当にありがとうございました。
新しい職場でも、頑張っていきたいと思いますので、どうぞこれからもご指導をお願いいたします。

感謝の気持ちを伝えるメールを出すのが礼儀です。
お礼メールは必ず送るようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます