日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行の幹事がやらなければいけないことまとめ

社員旅行の幹事さんの仕事は、企画、準備、管理、会計と多岐にわたります。盛り上げ役ばかりではなく裏方の仕事もたくさんあるのです。

その社員旅行の目的は

その社員旅行の目的がはっきりと把握できていたら、それに沿ってスケジュールを立てたり、何かの問題が生じたときでもそれに沿った考え方で処理するよう努力ができます。また用意するイベントも違ってきたりします。まず、目的と全体像をはっきりとさせましょう。

幹事は裏方

社員旅行では参加者が楽しんでくれるのが一番ですから、旅行を成功させることを目標にすえて裏方に徹しましょう。旅行の主役は、他の人であると考えるのが無難です。

幹事の役目

万全の準備をする
思いがけないハプニングは旅行に付きものですから、気持ちにゆとりを持って臨機応変に対処しながら、その場の雰囲気を盛り立てるようにします。

なるべく周囲の人の協力を得ること
幹事の仕事はとてもたくさんあるのですから、一人で全部を取り込もうとしないでそれぞれに得意な人たちを見つけて協力してもらうようにしましょう。ただし、協力者の人数が多すぎるとうまくいかないこともあるので、適材適所で役割を分担しましょう。

世話をする人たちへの心ずけをすること
旅館の中居さんなどへの心ずけは、宴会などが始まる前に渡しておきます。全部が終わってから渡すよりは、中居さんたちの気持ちのありようが宴会などの盛り上がり方にも違いが出ることがあります。

気配りを忘れないこと
お酒が入り始めた席では、全体に気配りが出来る人は幹事だけになりがちです。しらけている人とか、からだの調子を崩しかけている人などを見つけては、それとない気配りを見せましょう。

おわりに

楽しく安心できる社員旅行を実現するには、きめ細やかな手配や親身に相談にのってくれるような、社員旅行に強い旅行会社を選ぶのも、一つのポイントです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます