日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

マーケティングでファンを増やす!バンドの集客方法

バンドを組んで、いくら練習してもライブでお客様が集まらなければ経費ばかりかかってしまい、利益を生み出すことはできません。
練習やライブのほかにバンドを運営することもとても大事です。
運営のひとつ、マーケティングをご存知ですか?
バンドのマーケティングにはどんな方法があるでしょうか、まとめてみましょう。

マーケティングとは

企業やショップなどのマーケティングは、一般的に、
・顧客や取引先などに電話をして商談のアポイント獲得や、来店を促し、そこから新規の紹介に繋げるテレフォンアポイント(テレアポ)
・チラシやティッシュなどを街頭で無差別に配布したり、個人宅ポストに投函して周知を計るポスティング
・イメージの良いタレントや声優などを起用したテレビやラジオCM
・店頭や会場を設けてのイベント
などが挙げられますが、それらをバンドでやるのは現実的ではありませんよね。
しかし置き換えることはできます。どんな方法に置き換えることができるでしょうか。

「テレアポ」ではなく「SNS」で

テレアポしようにも個人情報の保護も固く、個人が電話番号を入手することはできません。
適当な番号にかけまくるのは地域も年齢層も絞れずとても迷惑なのでやったらダメです。
ではどうするか、ファンの子に「LINE」などのSNSでグループを作ってもらうのです。
そのグループにどんどん友達を招待してもらうのはいかがでしょうか?
ライブの告知や参加するファン同士の会話が見えアピールできます。

「無差別配布」ではなく「狙って配布」

住んでいる地域で人気バンドのライブはありませんか?
そこに来ているお客様は少なくとも「バンド」というものを理解しています。
その人達に自分達のライブの告知が書かれたチラシを手渡すのです。
話しを聞いてくれそうな人にはしっかし時間をかけて丁寧に自分達を売り込みましょう。
ドーム規模の超有名バンドでも地元のアマチュアバンドでも、ファン層が近いものを選びましょう。
サザンのファンの方にガゼットのコピーバンドのアピールは違いますよね。

くれぐれも、配布の際には会場の方に許可を取りましょう。

おわりに

いかがでしょうか。結構やれることはあります。
大手企業がやっているマーケティングを自分たちなりの手法に置き換えて考えると工夫しやすいですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます