日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月の料理は簡単に作れる?

お正月の料理と言えば、おせちやお雑煮ですね。地域や家庭によってその内容はさまざまです。この頃では、買う場合も多いと思いますが、ここではあえて昔ながらのおせちを「作る」場合、簡単かどうか考えてみたいと思います。

これは簡単

簡単おせちの代表は、「たたきごぼう」です。茹でたごぼうを叩いてすりごまと調味料で和える、だけです。他には紅白の蒲鉾でしょうか。

これは難しい

難しい方には、栗きんとんや伊達巻きなどが思い浮かびます。見た目はシンプルですが、手間と時間がかかり、火加減なども難しいです。栗きんとんなら、サツマイモを切って一度茹でこぼし、クチナシをつぶしガーセで包んだものと一緒にまた茹で、ほどほどでガーゼを取り出し、熱いうちに裏ごしをする。もう一度鍋に戻したら調味料と栗の甘露煮を一緒に入れ、焦がさないようにまぜて、程よいとろみのところで取り出して冷ます。という具合になります。めんどくさーい、むずかしそう、という声を上げたくなりませんか。ちなみに伊達巻きは、白身魚をおろして、身をすり鉢でしっかりすって、から始まります。大変です。

けれど簡単おせち

年末になると、「簡単おせち料理」番組が放送されます。すり鉢の代わりにフードプロセッサーを、など工夫を凝らした簡単定番料理や、お正月用の華やかな料理などが覚えられます。

まとめ

つまり、お正月の料理は簡単に「も」作れます。本来は難しいけれど、簡単に作れる方法もあります。

簡単にできるなら、楽しく作れるなら、まだの方は一度挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます