日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

送迎会 幹事 の挨拶の定番はこれ

春は、新たな人を迎え入れる歓迎会と、送り出す送別会を一緒にすることも結構ありますよね。歓送迎会の場合は、どちらに重きを置ばよいのか。どう挨拶すれば良いのかと頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
幹事の挨拶例をご紹介します。

支社や部などの送迎会の場合

「ただいまから、○○支社の歓送迎会を行います。
転任される方は、○○部○○課の○○さんと○○部○○課の○○さんです。
新たにお迎えする方は、○○部○○課の○○さんです。
本日司会をさせて頂きます○○部○○課の○○でございます。
よろしくお願い致します。」

少人数の送迎会の場合

それではこれより、○○部長の送別会、ならびに、○○さん、○○さんの歓迎会を行います。

大人数の場合

それではこれより、○○部長、○○さん、○○さんの送迎会、ならびに、○名の新入社員の皆さんの歓迎会を行います。
本日司会をさせて頂きます○○でございます。よろしくお願い致します。

注意点

新任者と転任者はよほど大人数でない限りは、必ず紹介するようにしましょう。
紹介する時は、役職の高い方から先にしましょう。役職が同じ場合は年長者から順番に紹介します。

最初と最後に挨拶を!

忘れがちなのが宴会開始前と終了後の挨拶です。できれば、開始前に責任者に「本日幹事をつとめさせていただく○○と申します。どうぞよろしくお願い致します。」と挨拶をしておきましょう。
そして会の終了後には、主役、責任者には「行き届かぬ点があったと思いますが皆様のおかげで無事に終了することができました。本日はありがとうございました。」 と、挨拶をしておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます