日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ミーティングからプロジェクトをキックオフさせる目的は?

はじめに

皆さんは、キックオフミーティングを行っていますか?プロジェクトのスタート時に行う会議として、メンバーとの顔合わせ、プロジェクトの目的、最終的な到達点を共有したう大変重要な会議の一つです。ここで失敗をしてしまうとメンバー内でのトラブルや、意味のない作業等後々プロジェクトが崩壊する様々な要因に繋がっていきます。そこで今回はミーティングからプロジェクトをキックオフさせる目的、そしてそれをメンバーに伝えるためのポイントについて、お届け致します。

目的と概要

一番大事なのは何のためのキックオフミーティングなのか、という事です。最終目的を見失っては作るものも作れません。もし自社製品ではなく上位にお客様がいるのなら、お客様が求めているものを伝えるのも良いでしょう。次に概要です。目的を達成するため具体的にそんな事を使用としているのか。イベントならばお店の説明、ソフトウェアなら機能の説明を行います。

スケジュールとチーム体制

目的の次は期間です。何時までに本プロジェクトを完了すべきなのかを示唆します。規模に対し期間が少なければメンバーから不満が出る事も少なくありません。具体的な金額があるのであれば、それを明示しそのためにこの期間で行わなければならない、と言う事も一つです。次にチーム体制です。これは各メンバーが誰に指示を仰ぎ、誰に問い合わせをし、誰に進捗報告をするのかをしっかりと確認して貰う事が重要です。

進捗報告について

さて今まではキックオフと言う事で「プロジェクト全体」の話に重点をおいていましたが、日々の動きで一番重要なのは、個人ベースの進捗報告です。提出してもらう日報の様な資料があるならばそちらの提示を、帰宅時に必ずメールで等時間的な指定があるのなら条件を提示しましょう。

まとめ

キックオフミーティング後は、懇親会等を行うのもメンバー内の親睦を深めるいい機会であると思います。今回紹介をした、目的・期間・報告このポイントを抑えて良いスタートを切ると共に、是非あなたのプロジェクトを成功に導いて下さい。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます