日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

どんな服装で行けばいい…?内定者懇談会で着るべき服・着るべきではない服の選び方

就活が終わり、内定者が出揃うと多くの企業では内定者懇談会が開催されます。その目的は、就活生の内定辞退を防ぐためだったり内定者同士の親睦を深めたりというもののようですが、内定者懇談会にはどのような服装で参加すべきなのかということは悩ましいところです。

果たしてスーツで行くべきなのか、それとも私服で行くべきなのか、どちらなのでしょうか?ここでは、それを見分けるポイントや服の着こなし方などをご紹介します。

人事に聞いてみる

電話オッケー女

一番手っ取り早いのは、人事に聞いてみるということです。就職試験のフローにおいて一度でもスーツを着たことのある企業であれば、内定者懇談会もスーツである可能性は高く、反対にスーツを着なかった企業は懇談会も私服である可能性が高いでしょう。

また、内定先の企業の業界や業種などによっても大きく異る場合があります。例えば銀行や保険、コンサルなどは通常業務時にスーツで仕事をすることが基本なので、内定者懇談会もスーツになります。またIT企業や中小企業などは私服で仕事をすることは多いので、多くの会社は内定者懇談会も私服になります。

スーツの着方

ガッツ男スーツ

ではスーツという指定があった場合、どのようなスーツを着ていけば良いのでしょうか?

このようなときは、基本的にリクルートスーツを着ていくべきでしょう。しかし既に選考ではなく内定者という立場なので、リクルートスーツに縛られる必要はありません。あまり派手すぎないものであれば、リクルートスーツ以外のスーツでも全く問題無いでしょう。

私服の場合

私服でOKという企業の場合も、何でもいいわけではありません。いくらラフな企業だとしても、シャツとジャケットなどのビジネスカジュアルテイストな服装を選ぶようにしましょう。

ほとんどの企業の一般常識として、そのような公式の場所では襟付きの服に革靴という認識があります。それを守らなかったからといってマイナスに見られるというではありませんが、社会人になる身分としてきちんと理解しておくことが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます