日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

鎌倉のハイキングコースと観光スポット

都心からも電車1本で行くことができる身近な鎌倉は、何度行っても魅力の尽きない場所です。そんな鎌倉の中でもおススメのハイキングコースと観光スポットをご紹介します。

鎌倉のパワースポットを巡るコース

北鎌倉→浄智寺入口→葛原岡神社→銭洗弁財天→佐助稲荷→JR鎌倉駅。これが鎌倉のパワースポットを巡るコースです。鎌倉はさまざまな観光スポットが街全体にあるので、効率よく巡りたいものです。まずは北鎌倉で下車してすぐの浄智寺に向かいましょう。

浄智寺

苔むした石段を上ると、目に入ってくるのがちょっと変わった鐘楼門です。中国風になっており、珍しいスタイルです。この浄智寺には室町時代に造られた「過去」「現在」「未来」を意味する阿弥陀,釈迦,弥勒の木造三体の仏像が安置されています。現在を表す「釈迦」が一番大きく、これは「今を大切に生きなさい」という暗示なのでしょう。

縁結びの葛原岡神社

この神社には、後醍醐天皇の側近だった日野俊基が祀られています。縁結びの神様として多くのカップルが訪れることでも有名です。春先には桜の花が美しくお花見スポットとしても人気があります。
鳥居の右横に「魔去ル石」というものが鎮座されています。その石に向かって陶製の小さな杯を投げつけると「魔」が「去る」、つまり厄除けになるということです。
神社に入ってすぐのところの左右に「男石」「女石」があります。縁結びのお守りを購入して、そこについている赤い紐に「ご縁があるように」と5円玉を通します。そして縁結び石に巻かれている赤いしめ縄に結ぶと良いご縁に恵まれるというものです。

金運アップの銭洗弁財天

銭洗弁財天は鎌倉の中でも最も有名なパワースポットです。ここの水でお金を洗えば何百何千倍にも増えるという霊験のあるところで、連日のように多くの観光客でにぎわっています。
長い洞窟を抜けて入っていくと洞窟内には湧水がこんこんとでている場所に出ます。ざるとお線香とろうそくセットを購入(100円)して、先に参拝をします。そしていよいよざるを水の中に。皆それぞれの思いがあるようで、小銭の人もいれば、1万円札を水に浸す人、宝くじをざるに入れる人もいます。

勝運アップの佐助稲荷

鎌倉幕府の開祖源頼朝がまだ罪人として伊豆蛭ヶ小島に流されていた時、「平氏討ちのとき至れり」と告げたのがこの神社の神霊で、勝運アップのパワースポットでもあります。
頼朝は官名から佐殿(すけどの)と呼ばれていました。そこで佐助神社と呼ばれるようになりました。境内にはたくさんの狐の置物があり、100本以上もある鳥居も壮観です。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます