日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣り用語をわかりやすく解説!スポットに関する用語

釣り用語をよく知っておきましょう。

スポットに関する用語 アからソ

・アウトサイドエッジ
外側の端の意味で、埠頭の先端、など、そのエリアの沖側の端の部分を意味します。
・アウトレット
湖や溜め池等から川や水路に流れ出ているところで、流れ込んでいるところはインレットや、流れ込みといいます。流れ出しや、ドレインも、アウトレットと同じ意味で使います。
・インサイドエッジ
内側の端の意味で、そのエリアの岸側の端の部分を意味します。端周辺を意味するときはインサイドと言います。

スポットに関する用語 タからノ

・ディープレンジ
水深の深い水域や、深くなっている場所の意味です。ディープには、何m以上という規定はありませんが、環境の変化を受けにくい深さで、水温や酸素量などが安定している深さを言います。湖によってディープの深さは異なります。

スポットに関する用語 ハからワ

・バックウォーター
ダム湖や貯水池などの人工の湖であるリザーバーで、一番上流のところや、流れ込んでいる本流の川を意味します。リザーバーは、川や工事跡の上に水を貯めている場合が多いので、底が複雑な形をしていることが特徴です。
・ハニースポット
お気に入り、好きな釣り場、よく釣れる場所の意味です。
・フィーディングエリア
ストラクチャー周りや比較的浅場であることが多く、バスが小魚などの餌をとる所です。
・ポイント
狙いの場所や、魚がよく釣れる所に使います。ポイントは、一点を指す事も、範囲を指す事もあります。一点を指す時はストラクチャーの意味で、範囲を指す時はエリアを意味します。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます