日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ダーツゲーム】ヒドゥン・クリケットのルール

はじめに

ダーツをやっている人なら、01よりクリケットが好き!なんて人も多いのではないでしょうか?戦略性の高いクリケットはダーツゲームの中でもルールがわかれば面白いゲームの代表的な例としてよくあげられます。今回はそんなクリケットゲームの中から、ヒドゥン・クリケットのルールについてご説明いたします。

クリケットの戦略性

なぜクリケットが面白いのかというと、相手と自分の状況を見極めながら、時にはトライをして攻めにいったり、ラウンド数を考えながら時には守りにいったり、そうした個人個人の考えが様々に現れる所だと思います。しかしながらそれはクリケットがクリケットナンバーとブルのみを使用するとわかっているからこそ練られる戦術であると言えます。

ヒドゥン・クリケットのルール

クリケットゲームの中の一つ、ヒドゥン・クリケットとはヒドゥンという言葉が表す通りクリケットナンバーが「隠れている」事です。陣地をオープンして得点を重ねる事、そして得点を取った人が勝利と言う従来のルールに変更はありません。

ヒドゥン・クリケットの戦略性

それってクリケットとほぼ変わらない、とお思いの方。加算される箇所がわかっているのといないのとでは従来の戦略を大きく変更しなければなりません。例えば1ランドは3投ありますから、1投を得点加算に、2投を新しい陣地を取るために使用するという戦略を練ります。今までは次に狙うべき数字がわかっていたので確実に2本を入れられていたにもかかわらず、ヒドゥン・クリケットでは2本とのも外してしまう可能性の方が高くなってしまうのです。

まとめ

ヒドゥン・クリケットは従来のクリケット以上に戦略を練らねばならないゲームともいえるでしょう。しかしながら何でもルールを覚えてしまうと楽しいものです。たまには思考を変えて、ヒドゥン・クリケットをプレイしてみるのもいいでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます