日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

文化祭 の食べ物 ポスター美味しそうに見せるコツ

文化祭シーズンが近づくと、学内が何だかソワソワと落ち着かない雰囲気に包まれますよね。ワクワク楽しみな気持ちや、準備が間に合うか不安な気持ちは、文化祭独特のものだと思います。
文化祭の出し物として最も人気があるのが、何といっても食べ物販売のブースでしょう。タコ焼き、かき氷、フライドポテトなど、お祭り気分が盛り上がります。
出店する人は、事前に準備することが山ほどあって、とても大変だと思います。中でも、売り上げアップにつながる宣伝用のポスター制作は、非常に重要な仕事です。そんなときに覚えておいてもらいたい、食べ物のポスターを美味しそうに見せるコツをいくつかご紹介します。

美味しそうに見える写真テクニック

料理の写真を撮る際、美味しそうに見せるにはいくつかのテクニックが必要です。まずは、できるだけ明るい自然光が差す中で撮影をしましょう。次に、なるべくカメラを近づけて料理を接写します。この2つを心がければ、カメラにあまり慣れていない人でも美味しそうな写真が撮れると思います。

季節感を出したデザインに

ポスターの背景は、季節感を出したデザインにすると料理が引き立ちます。例えば、生ビールを宣伝したいのであれば、夏の暑い海辺の風景を背景にデザインする等です。

美男・美女にモデルになってもらおう

最後の手段として、知り合いのイケメン、またはかわいい女子にモデルになってもらいましょう。モデルの人が美味しそうに料理を食べている写真を使います。ポスターは、まずは目にとめてもらうことが最も重要ですので、こういった手段も時には有効です。

まとめ

いかがでしたか。食べ物のポスターを美味しそうに見せるためには、いくつかのコツがあります。上記の事を参考にしていただいて、食べ物販売ブースの売り上げアップにつなげてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます