日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

日帰りハイキングも可能な丹沢の登山コース

丹沢山系の東に鎮座する「大山」はピラミッドの形に似た美しい山です。古くから山岳信仰が盛んに行われてきた祈りの山を歩いてみましょう。

歴史を感じながら、山頂からの大展望を楽しみましょう

丹沢山系を代表する大山は都内から簡単にアクセスできて、眺望がいいため、多くの登山客が訪れます。別名を雨降山(あめふりやま)といい、雨乞いの神様として信仰を集めてきました。
登山コースとしては「養毛の滝」をスタートして「髭僧(ひげそう)の滝」→「ヤビツ峠」→「大山」→「見晴台」→「二十滝」→「阿夫利神社下社」→「大山ケーブル駅」になります。
髭僧の滝は、昔、宝蓮寺の春獄という髭の長い僧侶が修業をしたことに由来する滝で、ここで滝に打たれていたことを想像できます。
ヤビツ峠からは急斜面の険しい山道が続きます。1時間ほど登れば頂上に到着です。目の前には相模湾を見下ろす大パノラマが広がり、今までの疲れが一気に吹き飛んでしまいます。
大山山頂を下って50分ほどで見晴らし台に到着。ここからの眺望もよく、テーブルが並べられているのでここで一服して一気に下山します。
阿夫利神社駅から大山ケーブル駅まで約6分。運行は1時間に3本しかないので、あらかじめ時刻表を調べておきましょう。

ここまで来たら大山豆腐ははずせない

大山の清らかな水で作られた伝統の大山豆腐。大山登山のついでにぜひともお店に立ち寄って食べてみてください。おススメのお店は「かんき楼」。大山ケーブル駅より参道を歩いてすぐのところにあります。冷奴はもちろんのこと、季節によっては湯豆腐、豆腐田楽などバラエティー豊かな豆腐料理が味わえます。またイノシシ料理、川魚など山の幸をふんだんに使った料理も楽しめます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます